同じ教材を繰り返し

英語の習得には「繰返し」が必要だということをこのブログでもよく言っていますが。
私のレッスンでは、問題をプリント(もしくはPDF)でお渡ししていますが、そのプリントには直接書き込みをせず、ノートに解答や解説、単語の意味、その他気づいたことなどを書き込むようにお願いしています。

images (10)

これは、お渡ししたプリントを何度も使用できるようにという意味です。
一度やったリーディングの問題なども、1ヶ月もすれば忘れてしまいますので、また練習問題として解くことができます。
また、当校オリジナルの副教材などを使ってレッスンを行った場合で、問題の内容をよく覚えている場合は、1ヶ月後にやって全問正解を目指します。

試験形式で問題をやってもらうと、どうしても「正解数を上げる」ことが唯一の目標となってしまい、問題を解いたら正解の数を数えて、一喜一憂し、それでおしまい。という方が多いのですが、それでは問題の半分しか吸収していないことになります。「間違えた問題」は宝物!間違った問題は二度と間違えないよう、どうして間違えたのか分析したりといった復習が非常に大事です!

「問題をやりっぱなしにしないこと」
これがスコアアップのための必勝勉強法です。

IELTSに関するほかのブログ(人気ブログランキング)

カナダで語学学校を7年経営してきました。IELTSの講師をしていますが、スパルタとして知られています(笑)宿題てんこもりに出します。IELTSで合格スコアが取れる方法を書いていますので、シェアしてくださるとうれしいです!