IELTSライティング(Writing)

Moreoverなどの”transition words”の使い方

IELTS(アイエルツ)のライティングを添削していると、moreover, however, furthermore, in addition to, therefore, などの”transition words”の使い方が意外とできていない方が多いのに気づきます。

images7

これらの単語はちょっと特別で、and やbutと違い、文頭にしか持ってきてはいけません。

文中にあるケースも見かけると思いますが、文中にあっても、文頭に来ているときと同じ意味とみなされるのです。

The forecast is bad. However, it’s possible that conditions could improve.
(悪い見通しだ。しかし、状況が良くなる可能性もある。)

という文章があり、これを、

The forecast is bad. It’s possible, however, that conditions could improve.

というように文中にhoweverを持ってきても、最初の文章と同じ意味になるのです。

悪い見通しだ。可能性もある、状況が良くなる。

とは読まれません。

なので、自分がライティングをするときには、こういったtransition wordsは常に文頭に持ってくるのが無難!といえるでしょう。

※Tomoko様のコメントにより、2016年6月23日に記事の一部を書き換えました。

※アイキャッチ画像 @retrostar – stock.adobe.com


ABOUT ME
中林 くみこ
中林 くみこ
カナダで語学学校を10年経営し、1,000人以上の日本人にIELTS指導してきました。
現在は通信講座でIELTSの講師をしています。愛のあるスパルタ講師です!
わたしがマンツーマンで教える通信講座はこちら↓

DEVELOPのIELTS通信講座