The Official Cambridge Guide to IELTSのレビュー

IELTS(アイエルツ)の正式ガイド本と銘打ってあります。
ポジションとしては数字シリーズ(現時点で1~9まで出ているこのシリーズです)とそれほど変わらないかと思います。要するに、過去問としてばんばん練習するのに使える、ということ。
しかも、練習問題が8セットもあります!特にリスニングはたくさん問題に触れることがスコアアップにもつながりますので(もちろん同じ問題をしっかりやることも大事ですが)、この本をやるだけでもかなりのテスト準備となるでしょう。

IELTSの初心者の方は、順番としては、
まずは1セット解いてみて、全体像を把握する

テキストの前半にある、スキルフォーカスを順に解いていってもいいし、特に自分の弱いところを集中してやっても良い

また2~3セット解く(必ず時間を計りましょう)

間違ったところの復習

1セット目をもう一度解いてみる

といったようなサイクルで取り組むと良いでしょう。

しかし、相変わらずジェネラルの問題は少ない・・・2セットしかありません!(こんなに分厚い本なのに)
そして、ジェネラルのリーディングの難易度が少し高い気がします。
数字シリーズですと、Section1 はほとんど絵(広告など)なのですが、この本は最初から文字がぎっしり。リーディングが苦手な方にとっては厳しいです;;
逆にいえば、良い練習なんですけどね。

カナダで語学学校を7年経営してきました。IELTSの講師をしていますが、スパルタとして知られています(笑)宿題てんこもりに出します。IELTSで合格スコアが取れる方法を書いていますので、シェアしてくださるとうれしいです!