IELTS対策、勉強法

IELTSの問題に取り組む前に!ネイティブと会話せずに基礎の英語力を伸ばす方法5つ

「IELTSのスコアはどうやったら取れるでしょうか?ちなみに今の英語力は中学校のやり直しレベルです。」

なんていう相談をよく受けます。

中学校のやり直し、いいですね!ぜひやりましょう。

ということなんですが、さてどこから始めればいい?というのが悩むところですよね。

そこで、ここではIELTS対策を意識しつつの基礎英語力の伸ばし方として、5つの方法を提案します。

独学で、会話の練習の機会もないけどやる気はある!という方に向けた方法です。

ネイティブと会話をしなくても英語力は伸ばせるんですよ。

基礎英語力を伸ばす方法①シャドーイング

効くところ

シャドーイングとは、音声の0.5秒ほど後について声に出し、そっくり真似っこをするという英語学習法です。

シャドーイングは、最強の英語勉強法だと思っています。会話の流暢性、発音、単語、文法、リスニング力、英語の処理スピードなど、とにかくすべてに効きます。

難点は、非常に面倒かつ時間がかかる・・・

スポーツで言えば、素振りなどの基礎練習にあたるところをひたすら繰り返すイメージです。

英語は楽しくネイティブと話せば伸びるもの、と考えている方にとっては「つまらない」の極みだと思います。

しかし、英語の勉強とは本来、時間がかかるもの。

ともすれば単調になってしまいがちな学習法ですが、小さな目標をたてたり、日によって違う教材を使ったりして、とにかく毎日続けることです。

毎日続けると、1ヶ月後くらいには効果が少し実感できます。

半年続けると、すでに自分でも、大きく違いを感じられるでしょう。これは保証します。

教材の選び方

シャドーイングは、正しい教材を選ぶことが本当に大事です!

まずはレベルです。

英語を少しできるようになってくると、「よしTedでも使ってシャドーイングするか!」となる方が多いのですが、Tedでは難しすぎます。

※Tedとは、「Ted Talk」という、英語でのプレゼンテーション動画を集めたサイトです。ted.com

また、映画やドラマなどでも難しすぎます。

レベルの目安としては、字幕なしで聞いて十分理解できる程度。背伸びは決してしないでください。ちょっと簡単すぎるかな?くらいでちょうど良いです。

レベルの他には、下記をチェックしてください。

  • CDなどの音源がついている。
  • スクリプト(台本)
  • スクリプトの日本語訳がついている。
  • 量が多すぎない。(紙の半分くらい。200〜300語くらいで良いと思います。)短いかな?と思うパッセージが数多くあるほうがやりやすいです。

やり方

  1. まず音声のみ再生し、全体の意味をとらえ、要約をする
  2. 英語のスクリプトを全文、辞書などを使いながら訳し、日本語訳と照らし合わせる
  3. わからずに辞書で調べた単語は自分で作った単語ノート(こちらのページ参照)に書き写す
  4. 完全に英文の意味がわかった状態になったら、まずは音声なしで、自分で声に出して読んでみる
  5. 音声を聞き、①スピーカーが息継ぎをしているところ ②音の高低 ③アクセントの位置 ④リンキング(単語と単語がつながって発音されているところ)に印を入れていく
  6. まずはリピート。音声を1文章ずつ区切って止め、リピートをする。この時点ではテキストを見ながら。
  7. リピートを何度かやって慣れてきたら、音声を流したままにして、0.5秒遅れで自分も声に出す。テキストを見ながらでいいです。
  8. 7を2〜3回やったら、テキストを見ずに音だけを頼りにシャドーイング
  9. テキストを見ながら・見ずに、というの交互に繰り返す

最終的にはテキストを見ずに音だけを頼りに、スムーズにシャドーイングができるようになるのが理想。

1番の作業は、将来的にIELTSのリスニング力をつけるために、必ず入れましょう。

7番のところで、あまりにも音声から遅れてしまうようであれば、レベルが高すぎるのかも、と疑ってみましょう。

教材は、IELTS対策におすすめの教材9冊の特徴と効果的な使い方で紹介している、森沢さんの音読シリーズがお勧めです。

みるみる英語力がアップする!音読パッケージ(通称:みるみる)

基礎英語力を伸ばす方法②ディクテーション

効くところ

ディクテーションとは、書き取りのことです。つまり耳で聞いたものを書き取っていく(タイピングしてもいいですけど)、という練習方法のこと。

当然のことながらリスニング力を伸ばすのに一番効果的ですが、英文処理能力(英文を聞いたり読んだりしたときに、どういう意味か即座に理解できること)を全体的に伸ばすことができます。もちろん、文法やスペルにも効果的。

しかし、これもシャドーイングと一緒で、けっこう(かなり)しんどいです。体育会系です。

うまく自分をだましだまし、毎日ではなく1日おきにする、教材をローテーションする、など飽きがこないように工夫してください。

あまり自分に厳しすぎないように。3ヶ月、半年と続けることのほうが大事です。

教材の選び方

これはシャドーイングと同じで、レベルが高すぎないものを選ぶのが大事。この記事を読んでいる方は、Tedや海外ドラマなどは選ばないように!きちんと教材として作られたものが良いです。

長さも大事。一つひとつの区切りが短い教材が理想的ですが、長いものは分けて別の日にやるなど、1日にやる量が多すぎないようにしてください。

上でお勧めしている森沢さんの音読シリーズや、NHKのテキストなどが良いかと思います。

他には、下記をチェックしてください。

  • CDなどの音源がついている。
  • スクリプト(台本)
  • スクリプトの日本語訳がついている。

やり方

  1. まず音声のみ再生し、全体の意味をとらえ、要約をする
  2. 英語のスクリプトを全文、辞書などを使いながら訳し、日本語訳と照らし合わせる
  3. わからずに辞書で調べた単語は自分で作った単語ノート(こちらのページ参照)に書き写す
  4. 完全に英文の意味がわかった状態になったら、スクリプトは隠しておき、音声を1文ずつ再生→ストップを繰り返しながら、白紙に書き取っていく。このとき、パソコンにタイピングでも良いのですが、IELTSは手書きのため、今から手書きの練習をしておいても良いと思います。とはいえ、これも厳しくしすぎずに、しんどい日はタイピングなど柔軟性を持たせておきましょう。
  5. 最後まで終わったら、答え合わせをする前に自分の書いた文章を音読し、おかしいと思う箇所は訂正する。
  6. スクリプトを見ながら、答え合わせを赤ペンでして、間違ったところの分析。なぜ聞き取れなかったかを考える。
  7. 赤ペンの箇所に注目しながら、また音声を聞く。
  8. そのあと、シャドーイングの作業の4番に移っても良いですね!

注意事項

  • 1文ごとに切っていくが、長い文章の場合はコンマの直前や主語の直後に切る。(スピーカーが息を吸うタイミングなども参考に)
  • 1語書き取ってはまた再生し、1語書き取ってはまた再生ということを避ける。わかったところから埋めていく。I saw the man standing alone at the bus stop, shivering in the cold. と聞いたときに、I sawと書いた時点で「あれ?sawだっけ?sowだっけ?」と悩んでいると、その後の文を丸々聞き逃すことになる。ディクテーションの前にやっている訳や、リピート、シャドーイングの記憶なども頼りに、「男の人が寒さに震えながら?凍えながら?1人でバス停に立っているのを見た」んだよな~…と考えながら、I saw the man standing alone at bus stop/  / the cold.というように空欄を開けながら大まかに書き、2回目以降に空欄部分に集中して聞き直す。
  • 同じ箇所を7~10回くらいまで。それでも無理ならあきらめて先へ進む。
  • 上記に書いているように、シャドーイングと組み合わせるのも効果倍増です。

基礎英語力を伸ばす方法③単語の暗記

効くところ

言うまでもなく、語彙力アップです。IELTSの勉強をしていると、必ず語彙の壁にぶつかるでしょう。単語は一朝一夕に身につくものではないので、今から少しずつ覚えていきましょう。

やり方

これについては、IELTSに効く単語力を伸ばす、7ステップ勉強法 に詳しく書いていますので、参考にしてください。

とにかく知っておいてほしいのが、単語は1度覚えただけでは使えるようにならない、ということ。多くの方が誤解していることです。

1度暗記した=即、使えるようになる!

ではありません

暗記して忘れて、また覚え直し、同義語や派生語を知り、文章の中での使われ方を知って自分でも使う。そうして初めて、その単語を覚えたと言えるでしょう。

IELTSでは、そういった本物の単語力が試されます。ご覚悟を〜

基礎英語力を伸ばす方法④瞬間英作文

効くところ

瞬間英作文とは、その名の通り、日本語を聞いてそれを瞬間的に英語にする、というものです。

瞬間英作文はやはりスピーキングに主に効いてきます。まさに「瞬発力」です。

ただ、文法別になっているので、文法のやり直しにも効きます。単語は簡単なものを使うのであまり関係ないかもしれません。

正しい構文の基礎をこれで身に着けると、長い目で見ればライティングにも効いてくるかと思います!

教材の選び方

これは音読シリーズと同じ森沢さん著で、「瞬間英作文」というそのものズバリのテキストが市販されていますのでそれをお使いいただくのがベストです。

色々発売されていますが、まずはベーシックなこの↑青の本から!
一通りできたら、下記の本で応用にもチャレンジしてみましょう。




やり方

まず、1ユニット分の英語の文章(10個分)を、完全理解する。文法の成り立ちなど、ページ下部の「ワンポイントアドバイス」も参考にし、もしそれで足りないようなら文法書やネットで補い、理解するようにする。細かいところまで理解してください。例えば前置詞はなぜこれなのか、とか単数・複数や、なぜこの文章にはbe動詞があって、この文章には無いのか?とか。

  1. 音声をまず1回通しで聞いてみる。
  2. テキストを見ながら、音声に続いて言ってみる。
  3. テキストを見ずに、音声に続いて言ってみる。最初は、日本語の後に音声を止めながらでもOK。
  4. 最終的には、音声を止めずに日本語のすぐあとにあるポーズの間に英語を言ってしまえるくらいのスピードで英作文をする。

必ず声に出して行うこと!頭の中だけではダメですよー!!

小さい声でも良いので。口を動かすことが大事です。

基礎英語力を伸ばす方法⑤日記

効くところ

これは一番地味かも(笑)

でも昔から英語の学校では採用されてきた、地味~に効いてくる方法です。

そしてけっこう負荷が高いので(日記って日本語でも続きませんよね・・・)、だれかと一緒じゃないと続きにくい。例えば宿題に出されるとかね。

やってみるとわかりますが、英語で文章を書く、というのは

すごく難しいのです!!

IELTSでも、ライティングが一番みなさんが悩むのですよ。

英会話、英会話っていいますが、「書く」ことは日本人が一番苦手な分野だと思います。

いざ書き始めてみると、文法、単語、構文・・・様々な課題が見えてきます。
この本は地味ですがとても良い本です。私もレッスンで使っていました。

個人的には、辞書の読み方が最初に書かれているのが好み。

やり方

日記を書くだけです。

しかし、続けるのが難しい!!

最初は1文章から。

慣れてきたら少しずつ増やすというようにしてください。

できればだれかに宿題に出され、添削されるというステップがあったほうが良いです。

今の時代は、SNSがあるので、ブログ・Twitter・インスタなどで「公開日記」にしてしまうのも手です。人の目があるのでちょっとは続きやすいかな?

アイキャッチ画像 ©Sondem- stock.adobe.com


ABOUT ME
中林 くみこ
中林 くみこ
カナダで語学学校を10年経営し、1,000人以上の日本人にIELTS指導してきました。
現在は通信講座でIELTSの講師をしています。愛のあるスパルタ講師です!
わたしがマンツーマンで教える通信講座はこちら↓

DEVELOPのIELTS通信講座