IELTSリスニング(Listening)

IELTSリスニングの初心者はこの7ステップで進めていこう

  • IELTSリスニングやIELTSの勉強を今から始める
  • リスニングには自信がない
  • IELTSリスニングの問題を解いてみたら、正解数が10問以下だった

という、IELTS初心者や英語初心者のあなたに、この記事を贈ります。

何からどうしたら良いやら!と混乱されているかもしれませんが、この記事に書いている7ステップを順に進めていけば、対策ができるように書いています。

ぜひご参照くださいね。

まず1度、本番形式の問題を解いてみる

すでに、本番形式の問題を解いてみたことがある、という方はこの章は飛ばして次に進んでください。

まず、下記の記事を参考にして、IELTSの公式問題集を手に入れ、本番1回分、通しで解いてみてください。途中で中断せずに、まとまった時間をとって、集中してやってくださいね。

IELTS講師が厳選したおすすめ教材9冊と効果的な使い方【2021年最新版】IELTS対策におすすめの教材、テキスト、参考書、問題集9冊の特徴と使い方を、IELTS講師歴6年の私がレビューします。英語(洋書)と日本語のテキストから厳選しています。すべて、私がレッスンで使ってきているものです。これを読めば、どの段階で何を買ってどう使うのかがわかります。...

公式問題集では、巻末に答えが載っているので、答え合わせと、正解数の数を数えてみてください。

正解数とスコアの相関関係は次のようになります。

正解数 スコア目安
4 ~ 5 2.5
6 ~ 7 3.0
8 ~ 10 3.5
10 ~ 12 4.0
13 ~ 15 4.5
16 ~ 17 5.0
18 ~ 22 5.5
23 ~ 25 6.0

結果はいかがでしたか?

ここからは、正解数が10問以下だった(スコアでいうと3.5以下)という人にむけて、対処法を書いていきたいと思います。

10問以上だった人も参考にしていただいて良いですが、18問以上の場合は、あまり参考にはならないと思いますので、他の記事を見ていただくと良いかと思います。

下記の記事では、具体的な症状とその解決策を書いていますので、どうぞ。

IELTSリスニングで目標スコアを取るための症状別・勉強法7つIELTSのリスニングでスコアを取れない原因は、本当に様々です。一概に「英語耳が無いんだ」「イギリス英語のせいだ」と言うことはできません。この記事では、あなたがIELTSリスニングでスコアが上がらない原因を、症状から見極めて、その解決法を提案します。...

正解数が10問以下だった人の場合は、実際に問題を解いてみた体感でも、Part 3や4が何を言っているかわからなかったり、Part 4は全問不正解だったりと、「全然できない!」という感じで焦る気持ちにもなるでしょう。

しかし焦らずに、一歩一歩進めていくことが重要です。

具体的にどう学習を進めていったら良いのか、書いていきます。

問題文を全文、日本語訳にする

解き終わった問題の「問題文(設問文)」をすべて、日本語に訳してみてください。

音声スクリプトは訳さなくて良いです。

※音声スクリプトというのは、公式問題集の巻末についている「script」と書いてある部分で、音声の台本です。

スクリプト全文は時間がかかりすぎるうえに、音声をすべて聞かなければいけない、というマインドを育ててしまうというデメリットが大きいと思っています。

問題文と音声スクリプトの違いについて図解もありますので、こちらの記事もご参照ください。

IELTSリスニング・リーディングのコツは問題文(設問文)にあるIELTSのリーディング・リスニングは厳しい時間制限があるので、あせりからか、流し読みをしなきゃ!ぜんぶ読んでいる暇はない!という気持ちから、問題文(設問文)もわりと適当に読んでしまう方も多いようです。でも、それは間違いです!今まで1,000人以上のIELTS学習者の指導をしてきていますが、いつもいつも言っている内容をこの記事には書いています。...

さて問題文の訳ですが、

まずは単語や構文を丁寧に取りながら直訳を一度する

それを再度自分の言葉で自然な日本語に訳する

という2段階にしてみてください。

例)

英語:Many experts believe California has made little progress in readying itself to fight fires.

直訳:多くの専門家は信じる、カリフォルニアは火災と戦うことに準備することにおいてほとんど進歩していない。

意訳:多くの専門家は言っている、カリフォルニアの政府は、前から火災の対策が進んでいない。

↑この違いわかりますでしょうか?

意訳では、自分の言葉で説明していますが、これは芯から理解していないとできませんし、このように意訳をすると本文に戻ってヒントを探すときに、言い換えにひっかかる確率が低くなります。

わからない単語を辞書で調べ、単語ノートやアプリに別途書き出し覚える

問題文を日本語に訳していく中で、わからない単語が出てきたら、辞書を引いて意味を調べますが、それで終わりにせず、単語ノートに別途書き出して覚えます。

音声スクリプトで出てきたわからない単語は無視します。

問題文に出てくる単語は非常に大事なのですが、リスニングでは問題文にはあまりわからない単語はないかもしれません。

逆に言えばわからない単語があったら、必ず覚える必要がある、ということです。

パートごとに、どんなストーリーなのか、何を聞かれるのか推測する

問題文の意味がすべて把握できましたか。

次のステップとして、問題文をすべて把握した状態で、パートごとに、

  • どんなストーリーなのか
  • 何を聞かれるのか

「推測」してください

これは最終的には、問題に取り組むとき、音声を聞く前に必ずやってほしいことなのです。

最初は難しいと感じるかもしれませんが、それでもできるだけ推測してみましょう。

間違っていても良いです。

頭で考えているだけでは整理できないようなら、自分の推測するだいたいのストーリーを書き出してみても良いでしょう。

  • どんな状況
  • 登場人物はどんな人か

ということを考えていきます。

もう一度音声を聞いて問題を解いていく

ここまでのプロセスが終わって、しっかり先読みができて中身もなんとなーく推測らしきものができたところで、もう一度本番形式で最初から最後まで通しで解いていきましょう。

音声の聞こえ方がかなり違ってくるはずです。

特に、どこに集中して聞けば良いのか、ということがわかっている状態で聞くと、すごく聞き取りやすい、ということが実感できるのではないでしょうか。

今の段階では、その「実感」が重要です。

分析をする

問題を解いたらすぐあとに、答えあわせをします。

そのあと、「なぜこの解答になるのか?」「なぜ自分は間違ったのか?」という分析を行います。

特に「なぜ自分は間違ったのか?」という方が重要です。

問題を解いている時の自分の心の動きをさかのぼって思い出し、「このように考えて、このような選択をしたから間違えたのだ」ということを具体的に言語化(言葉にしてみる)してください。

最初は難しいかもしれませんが、小さなことでも良いので、とにかく気づいたことを書き出してみてください。

慣れてきたら、「なぜこの行動をしたのか?」というように「なぜ?」「なぜ?」と深堀りしていって、とにかく具体的に原因を考えるようにします。

具体的であればあるほど、対策も立てやすいです。

例)

3番は聞き取れなかった。なぜ聞き取れなかったか?

焦っていたから。なぜ焦っていたか?

先読みがうまくできないまま音声が始まってしまったから。なぜ先読みがうまくできなかったか?

わからない単語が一つあり、それについて考えてしまった。

今度からは、わからない単語があっても無視したり前後から推測して、スルーするようにしよう。または、その問題を飛ばそう。

このような感じですね。

この分析を「問題を解いたすぐあと」にしてほしい理由は、時間が経ってしまうと忘れてしまうからです。

時間がかかるので、週末やおやすみの日など、2〜3時間まとまって確保できる時間帯にやるようにしてください。

IELTSリスニングに関する記事を読み、戦略を考える

自分のできる範囲で分析ができたら、あとはその対処法を考えていきましょう。

これも、初心者には難しいと思うので、できる範囲で少しずつやっていきましょう。

その際に参考になるのが下記の記事です。症状と対処法を書いています。

IELTSリスニングで目標スコアを取るための症状別・勉強法7つIELTSのリスニングでスコアを取れない原因は、本当に様々です。一概に「英語耳が無いんだ」「イギリス英語のせいだ」と言うことはできません。この記事では、あなたがIELTSリスニングでスコアが上がらない原因を、症状から見極めて、その解決法を提案します。...
また、初心者がまず得点源にしやすいのが「空欄穴埋め」問題形式ですが、この問題形式の解き方について記事を書いていますので、参考にしてみてください。
https://nakabayashikumiko.com/fill-in-the-blank/

これらの記事は、一度読んだだけではあまり理解できないこともあるかもしれません。

何度も何度も読み返して参考にしてください。

特に初心者の人は、練習問題をやるたびに読み返すくらいで良いと思います。

初心者対策シリーズ

その他の技能についても、初心者へ向けた対策の記事を書いていますので、ご参照ください。

リーディングはこちら。

IELTSリーディングの初心者はこのステップで進めよう【アカデミック、ジェネラル共通】IELTSリーディングの初心者対策を、1,000人以上の日本人にIELTS指導をしてきたスパルタ校長が教えます。...

スピーキングはこちら。

英語初心者のためのIELTSスピーキング攻略法【何にも話せなかった人へ】IELTSのスピーキングで「まったく何も話せなかった」「何から手をつけたら良いのかわからない」「中学レベルの英語が話せるかどうか」という人へ。この手順に沿って学習すれば、とりあえず5.0以上を取得できるようになります。...

ライティングはこちら。

IELTSライティングの初心者がまずやるべき勉強法英語の初心者がIELTS対策をする場合、「どこから始めたら良いやら」と途方にくれることが多いでしょう。この記事に書いてある順番で少しずつ進めていくのがお勧めです。 ...

 

ABOUT ME
Kumiko
カナダで語学学校を10年経営し、IELTS対策をはじめ、TOEIC、英文法、ビジネス英語、翻訳、通訳、英会話などさまざまなコースで指導してきました。現在はその経験を活かし、オンラインで英語独学法を発信。
7日間無料メール講座

「独学でIELTSの目標スコアを取る方法」では、IELTSを「独学で」勉強して結果を出す方法を具体的に解説しております。

独学のスタートにぜひどうぞ!

無料購読