mostとmost ofってどう違う?

IELTS(アイエルツ)のエッセイやスピーキングをやってもらうと、

most of people

などというフレーズが生徒様から出てきます。

ご本人に聞いてみると、「most と most of は使い分けがわからず、何となく使っていた」とおっしゃる場合が多いです。

これはもちろん法則がありますので、意識して使い分けしましょうね!

most + 一般的な(不特定多数の)名詞
most of + 特定のグループを表す名詞(通常はtheが付く)、もしくは代名詞

〇most of the people (特定の人々のグループを指す)
〇most people (特定ではない、世間一般の誰にでも当てはまる事柄を言いたいとき)
× most of people

〇most of us (us, themなどの代名詞)
× most us (代名詞を使うときは必ずofを使う)

これは、most だけではなく、some, all, half, many, much などに当てはまります(不定代名詞と呼ばれます)。

【練習問題】

空欄に、mostもしくはmost of theを記入してください。

1)______________ cats won’t drink coconut milk.
2)______________ buildings near the center of town were damaged.
3)______________ people at the party enjoyed themselves.
4)______________ people don’t like snakes.

空欄に、someもしくはsome of theを記入してください。

1)I’ve got tickets for _________ concerts.
2)Pete’s coming to _________ concerts I go this year.
3)_________ people at my work want to get to sleep.
4)_________ people don’t like sushi.

実は、日本の文法書には上記のようなこと(most とmost ofの違い)がまとめて書いていることが少なく、このPractical English UsageのP.330(項目番号356)に書いてあります。英語の文法書であり、かつ、切り口が違うのでとっつきにくい印象がありますが、もう何年もベストセラーで、英語の講師などの愛用者も多いです。私もその1人。使い方については下記の記事に詳しく書いています。

Practical English Usageのレビューと効果的な使い方

【解答】

most
1) most
2) most of the
3) most of the
4) most

some
1) some
2) some of the
3) Some of the
4) Some

IELTSに関するほかのブログ(人気ブログランキング)
にほんブログ村 英語試験

カナダで語学学校を7年経営してきました。IELTSの講師をしていますが、スパルタとして知られています(笑)宿題てんこもりに出します。IELTSで合格スコアが取れる方法を書いていますので、シェアしてくださるとうれしいです!