IELTSよくある質問とその答え

IELTS っていろいろなぞの多い試験だと思います。これから日本でもどんどん広まっていくと思いますが、現在までわたしが受けた質問をまとめてみますね。

  • IELTS(アイエルツ)とは何ですか?
  • IELTSって、どんなテスト?
  • IELTSのスコアは、どんな設定なんでしょうか?
  • 必要となるスコアって?
  • いまいち、スコアのイメージがわかないんですけど。
  • TOEFLとIELTSの違いは何?
  • IELTSって、英語力アップに効くの?
  • わたし、IELTS受けたほうがいい?
  • IELTSは独学で勉強できる?
  • IELTS for UKVIとは何ですか?

Q. IELTS(アイエルツ)とは何ですか?

A. International English Language Testing Systemの大文字の部分をとってIELTS、アイエルツと呼ばれています。TOEIC®, TOEFL®, 英検などと並んで、英語の試験のひとつです。主に、英語圏(イギリス、アメリカ、オーストラリア、ニュージーランド、カナダ)の大学・大学院・カレッジに留学したり、移民(永住権)を申請したりするときに必要になるテストです。日本では、英検協会がテストの実施をしています。

英検協会のIELTS説明サイト

Q. IELTSって、どんなテスト?

A. リスニング、リーディング、ライティング、スピーキングと英語の4つのスキルがすべて試されるテストです。TOEIC(トーイック)と違い、昔ながらの記述式で、スペルも採点されます。TOEFL(iBT)と違い、スピーキングは面接官と1対1で話す形式です。ぜんぶで3時間半ほどの長いテストです・・・。下のページも参考にどうぞ。

IELTSって何?試験の特徴を5つにまとめてみた

Academic(アカデミック)とGeneral(ジェネラル)の2種類があります。アカデミックは、留学に必要で、ジェネラルは移民に必要なテストで、それぞれの目的に合わせたものを受験しなければいけません(交換不可ですのでご注意)。しかし、この二つの違いはライティングとリーディングのみです。
ブリティッシュ・カウンシル(IELTSを運営する機関のひとつ)が試験当日の流れをビデオにしていますので、試験の前はこれを観ておくといいですね!

Q. IELTSのスコアは、どういう設定なんでしょうか?

A. IELTSのスコアは1.0~9.0で出てきます。0.5きざみです。英検と違って、合格・不合格ではなく、TOEICやTOEFLと同じで、必要なスコアを自分で調べたり設定してそれを目指すタイプです。このサイトで私が「合格スコア」と呼んでいるのは、それぞれの受験者が必要とするスコア、という意味です。
4つのスキルを平均で出したものがOverall(オーバーオール)スコアと呼ばれます。必要になるスコアは、この平均スコアを指すときもありますし、一つひとつのスキルに指定がある場合もあります。

Q. 必要となるスコアって?

A. 1.0~9.0のうち、自分が必要とするスコアをまず調べる必要があります(TOEICでも、700が必要、とか、800を目指そう、と言いますよね)。目安としては、イギリスなどの英語圏の大学はOverallで6.0くらい、大学院は6.5や7.0など。移民は各スキル5くらいですが、これは一人ひとりの状況で大きく変わってきますので、移民弁護士やコンサルタントなど、専門家の方にご相談ください。

Q. いまいち、スコアのイメージがわかないんですけど。

A. 満点が9.0のテストって、イメージわきにくいですよね?!満点とっても、イマイチ喜べないような・・・。でも、実は満点の9.0って、取るのが恐ろしく難しく、満点が続出するTOEICとはここが大きく違うところなんです。ネイティブスピーカーでも4つすべてで9.0を取得するのは難しいといわれており、わたしもIELTSを教えてきて長いのですが、それは事実だと思います。ここで、独断と偏見でスコアのイメージを書きます。TOEICとはぜんぜん違う試験なんで一概には言えないんですけど、日本人には一番親しみやすいテストだと思うので、あえて強引に当てはめてみました

9.0 ネイティブで教養のあるレベル、非ネイティブであれば超人?
8.5 非ネイティブがリーディング・リスニングなどで目指せるレベル。でも、かなり上級
8.0 このスコアを求めてくる機関は(ほぼ)無いので、これを目指す=英語オタクもしくは英語のプロ。ネイティブでも下手するとこのスコアになることもある。
7.5 大学院申請などでこのスコアが取れると有利。かなり自慢できるレベル!間違いなく上級です。
7.0 どうだ!すごいだろう!と言えるレベル。上級の仲間入りです。TOEIC満点を取った人でもちょっと7.0を取るのは難しいかも。最近、外務省の職員にこのスコアが求められているというニュースがありました。
6.5 目指す人が多いスコア。TOEICでいうと、850~900でしょうか。でもIELTSのほうが難しいけどね!
6.0 目指す人が多いスコア。中級の方で上級の壁を越えたい方は、まずこのスコアを超えましょう。TOEICでいうと、800~900くらい。
5.5 大学などにはちょっと物足りない。英語は日常会話はできる、中級レベル。TOEICでいうと、700~800くらい。
5.0 移民(永住権)申請で必要になるスコアで一番多い。中級レベル。TOEICでいうと、700前後。
4.5 はじめてIELTSを受ける中級の人などはこのスコアになることが多い。TOEICでいうと、650~700。
4.0 初中級くらい。TOEICでいうと、600~650。
3.5 初中級くらい。TOEICでいうと、600前後。ここから大学レベル(6.0~6.5くらい)までいこうと思うと、半年~1年はぜったいに必要。
3.0 個人的にこのスコア以下は見たことがありません。たぶん、IELTSを受験するという発想にならないのかと。

TOEICと比べて、ずいぶん難しいことがわかっていただけたのではないかと思います!それだけ、チャレンジのしがいがある試験ともいえます。

あと、スピーキングは英検協会が公開しているこの動画を見ると、試験の流れとスコアのイメージがつかめます!
動画で比べる!グローバル人材のコミュニケーションイメージ

Q. TOEFL(トフル)とIELTSの違いは何?

A. TOEFLは、おもにアメリカの留学に必要なテストとされていますが、現在はiBTと呼ばれる、パソコンに向かって受験するスタイルのようで、いまだに鉛筆と紙を使うアナログなIELTSとは大きく違います。また、TOEFLの勉強法として、テンプレートやテクニックが重視されるという特徴がありますが、IELTSはどちらかというとそういう表面的なものを嫌う傾向にあります。つまり自然な英語のコミュニケーション能力が重視されるわけです。スピーキングが対人の面接形式であるということにもそれが現れていますし、ライティングの採点基準も、そのようになっているようです。

下のページも参考にどうぞ。

IELTSとTOEFLの大きな違い二つ

Q. IELTSって英語力アップに効くの?

A. はい、効きます!!!特に、中級から上級への壁を越えたい方にいちばん適しています。上級への壁を越えたい方のスコア目標としては7~8が良いでしょう。IELTSはTOEICなどと違い、記述式(スペルも含め、すべて書かなければいけない)で、リスニング・リーディング・ライティング・スピーキングのすべてのスキルが試されるため、バランスよく英語力を磨くことができます。IELTSは難しいのですが、スコア7や8を目指していたら、いつのまにか自分の英語力が全体的にアップしていることに驚くと思います。
詳しくは、こちらの記事をご覧ください。IELTSは英語力アップに効くのか?

Q. わたし、IELTS受けたほうがいい?

A. いますぐ、IELTSの勉強をはじめるべきだ!と私が考えるのは下記の方です。

・留学の可能性がある(具体的に決まっていなくても!)
・移民の可能性がある(具体的に決まっていなくても!)
・英語で伸び悩んでいる(特に英語の勉強をはじめてから1~2年、中級者の方で上級にステップアップしたい
TOEICはなんか違うなと思う
・スピーキングを伸ばしたい。特に何かを説明したりとか、長い文章になるとつまる
・単語力を伸ばしたい。ちょっとインテリなカンジでしゃべれたらいいなぁ。ネイティブと議論したりしたい。
・英語の勉強を続けてるけど、伸びてるかどうかわからなくて、心が折れそう。
・さてこれからどうする?

上記にあてはまる方は、ぜひぜひ、IELTSにチャレンジしてみてください!
留学や移民の可能性がある方は、どうか早めに始めてください。早めに始めても、ぜったいに後悔しません!ぎりぎりになってあわてる方がとっても多いのです。

Q. IELTSは独学で勉強できる?

A. 不可能ではありません。ただ、正しい方法で伸ばさないと時間がかかってしまうことも事実なんです。このサイトでしっかりと勉強法を学んで正しいテキストを買い、書いてあるやり方にしたがって学習を進めてみてください。下のページも参考にしてみてください。

IELTSは独学ではなぜ難しいのか?4つの理由

壁にぶつかるときはプロの助けを借りるのも手です。

IELTSのSKYPEレッスン

Q. IELTS for UKVIとは何ですか?

A. テスト形式などすべてはIELTSと変わらないのですが、もし留学先や移民局から指定されたら、IELTS for UKVIを受けなければいけません。受験料が高い!
対策は通常のIELTSとまったく同じです。

※アイキャッチ画像 © olly – stock.adobe.com
※TOEIC、TOEFLの比較はあくまでも目安で主観的なものです。それぞれのテスト実施機関の公式の見解ではありませんので、ご了承ください。

 

カナダで語学学校を7年経営してきました。IELTSの講師をしていますが、スパルタとして知られています(笑)宿題てんこもりに出します。IELTSで合格スコアが取れる方法を書いていますので、シェアしてくださるとうれしいです!

IELTSよくある質問とその答え」への2件のフィードバック

  1. ゆかり

    こんにちは。
    カードで支払いをしましたが、登録したメールアドレスにメールが来ません。
    問い合わせフォームがないようでしたのでこちらから問い合わせしました。
    すみません。

  2. 中林 くみこ 投稿作成者

    ゆかり様、お返事が遅くなってしまって申し訳ありません。カードで支払いというのは、日本語訳の教材のことですね?その後、メールは来ましたか?もし来ていないようであれば、再度コメントいただきましたら直接メールの方へ教材をお送りしますね。ご迷惑をおかけします。

コメントは停止中です。