スコアの目安は?TOEICからの換算

満点が9.0のテストって、イメージわきにくいですよね?!満点とっても、イマイチ喜べないような・・・。でも、実は満点の9.0って、取るのが恐ろしく難しく、満点が続出するTOEICとはここが大きく違うところなんです。ネイティブスピーカーでも4つすべてで9.0を取得するのは難しいといわれており、わたしもIELTSを教えてきて長いのですが、それは事実だと思います。

ここで、独断と偏見でIELTSの各スコアのイメージを書きます。TOEIC® とはぜんぜん違う試験なんで一概には言えないんですけど、TOEICは日本人には一番親しみやすいテストだと思うので、あえて強引に当てはめてみました

9.0 ネイティブで教養のあるレベル、非ネイティブであれば超人?
8.5 非ネイティブがリーディング・リスニングなどで目指せるレベル。でも、かなり上級
8.0 このスコアを求めてくる機関は(ほぼ)無いので、これを目指す=英語オタクもしくは英語のプロ。ネイティブでも下手するとこのスコアになることもある。
7.5 大学院申請などでこのスコアが取れると有利。かなり自慢できるレベル!間違いなく上級です。
7.0 どうだ!すごいだろう!と言えるレベル。上級の仲間入りです。TOEIC満点を取った人でもちょっと7.0を取るのは難しいかも。最近、外務省の職員にこのスコアが求められているというニュースがありました。
6.5 目指す人が多いスコア。TOEICでいうと、850~900でしょうか。でもIELTSのほうが難しいけどね!
6.0 目指す人が多いスコア。中級の方で上級の壁を越えたい方は、まずこのスコアを超えましょう。TOEICでいうと、800~900くらい。
5.5 大学などにはちょっと物足りない。英語は日常会話はできる、中級レベル。TOEICでいうと、700~800くらい。
5.0 移民(永住権)申請で必要になるスコアで一番多い。中級レベル。TOEICでいうと、700前後。
4.5 はじめてIELTSを受ける中級の人などはこのスコアになることが多い。TOEICでいうと、650~700。
4.0 初中級くらい。TOEICでいうと、600~650。
3.5 初中級くらい。TOEICでいうと、600前後。ここから大学レベル(6.0~6.5くらい)までいこうと思うと、半年~1年はぜったいに必要。
3.0 個人的にこのスコア以下は見たことがありません。たぶん、IELTSを受験するという発想にならないのかと。

TOEICと比べて、ずいぶん難しいことがわかっていただけたのではないかと思います!それだけ、チャレンジのしがいがある試験ともいえます。

あと、スピーキングは英検協会が公開しているこの動画を見ると、試験の流れとスコアのイメージがつかめます!
動画で比べる!グローバル人材のコミュニケーションイメージ

※TOEIC、TOEFLの比較はあくまでも目安で主観的なものです。それぞれのテスト実施機関の公式の見解ではありませんので、ご了承ください。

※アイキャッチ画像 © igor – stock.adobe.com

カナダで語学学校を7年経営してきました。IELTSの講師をしていますが、スパルタとして知られています(笑)宿題てんこもりに出します。IELTSで合格スコアが取れる方法を書いていますので、シェアしてくださるとうれしいです!