IELTSスピーキング(Speaking)

by, with, onの違い

先日、IELTS(アイエルツ)のスピーキング練習をしていて、テクノロジーがテーマとなりました。

What device you use the most in your daily life?
Do you think technological equipment is useful at work?

こんな感じの質問です。

そのとき、
I send e-mails by computer…
We create Power Point documents by computer…
text messaging by smart phone…

と、すべて「by」を使って表現してしまっていましたので、
これを
on
で表現するようにといいました。

byは行為の主を表すので、直前に動詞などが無いと変な場合が多いです。

そして、パソコンや携帯の場合、その画面の中で、数ある機能のうちの一つを使う、という意味あいがあるため、onが最適です。

それに対して、ペンやラケットなど、用途が決まっているものの場合は、withを使います。

前置詞って小さなことに見えますが、こういう代表的な前置詞の使い分けができるだけでスコアにかなりの差が出てきますよ

 

ABOUT ME
Kumiko
カナダで語学学校を10年経営し、IELTS対策をはじめ、TOEIC、英文法、ビジネス英語、翻訳、通訳、英会話などさまざまなコースで指導してきました。現在はその経験を活かし、オンラインで英語独学法を発信。
7日間無料メール講座

「独学でIELTSの目標スコアを取る方法」では、IELTSを「独学で」勉強して結果を出す方法を具体的に解説しております。

独学のスタートにぜひどうぞ!

無料購読