英語学習法

英語がペラペラになるには、ネイティブ講師じゃないほうが良い理由

私はカナダに15年住み、10年語学学校を
経営しました。

その経験から断言しますが、
話し慣れていない状態で「やっぱり英会話はネイティブよね」
と考えるのは思考停止です。

ネイティブ講師から習うということは、
あなたの英語学習にとって「害」になる
こともあり得ます。

この記事を読んで、ご自身に合った講師をしっかり選んでください。

いや、それどころか、「今の自分には本当に講師が必要なのか」というところから、疑問に思って、検討するようにしてください。

参考記事はこちら。

オンライン英会話の画像
あなたのオンライン英会話の効果がない理由7つとその対処法オンライン英会話をやって長いけど、あんまり効果がない。 いつまでも、話せるようにならない・・・ そんな方へ贈る記事です。 ...
英語が口からスラスラ出てこない理由。独学で話せるようになる勉強法英語がスラスラ口から出てこないって全員共通の悩みですよね。これに対する、よくある答えは「練習が足りないので、ネイティブと会話する機会を増やしましょう」というものです。しかし、ネイティブと会話練習は最小限で 独学で、自宅で誰でも英語が口からスラスラ出てくるようになるという勉強法はあります。誰でも、お金が無くても実践できる方法です。...

私自身は、「ネイティブじゃなくても
良いんだ」ということが実感できてから
会話力が一気に上がりました!


ネイティブ呪縛にとらわれてることが原因で
なかなか英語が伸びない人が多いですが、

非ネイティブとのコミュニケーションをぜひ
試してみてほしいと思います。

 

非ネイティブの講師とは?

私が日本人講師が良いと勧めている記事もあるのですが。

なぜ、IELTS対策には日本人講師が良いのか?日本人講師のメリット5つIELTS(アイエルツ)の対策を日本人講師に教えてもらうメリットは何か?カナダで10年間語学学校を経営、日本人特化のIELTSコースをカナダで初めて設立し、1,000人以上の日本人を教えてきた、自らも純ジャパのIELTSエキスパートが日本人講師のメリットを5つ挙げます。...

日本人に
英語を習うのに抵抗があるって気持ちもわかります。

そういう人は、東南アジア、
ヨーロッパ、南米、中東などの非ネイティブで
英語がうまい講師にならうと良いでしょう。

この記事ではお金のメリットは提示していませんが、結果的にネイティブ講師よりリーズナブルなことが多いので(フィリピン英会話など)、そこもメリットではありますね。

「ネイティブじゃないとはいえ、やっぱり外国人じゃないか。そんな中途半端な講師に習うメリットはあるの?」という疑問もあるでしょう。

非ネイティブ講師(日本人も含め)に習うメリット、ネイティブ講師に習うデメリットを挙げていきます。

 

ネイティブじゃない講師に英語を習うメリット

「ネイティブにならなくても良い」と思える

大半の日本人の英語学習者が英語を伸ばせない
大きな原因の1つは、


ネイティブみたいに話さなければ、英語をマスターしたと言えない

という考え方だと思ってます。

口に出しては言わないけれど、無意識ではみんな、そう思っています。

しかし、ネイティブを目指してしまうと、自分の英語は
いつまで経っても「良い」と判断できないですよね?

だって、すべての意味でネイティブのようになるには10年以上かかりますから・・・。

いや、10年かかっても、無理な人のほうが多い。

そうすると、目標が
あいまいになって、害でしかない。

大人になってからスポーツや楽器を始めて
プロを目指す人は居ないのに、なぜ英語だと
ネイティブを目指すのか??

でもネイティブ講師に習っていると「これを
目指さないと」ってどうしても思ってしまうと思います。

講師の話し方と比べて自分の足りないところばかり目についてしまう。

対して、ネイティブじゃない講師に習うことで
「これでも良いんだな」というマインドを
育てることができるのです。

客観的で、現実的な目標を立てることができます。

本当に、これは大きいですよ。

 

英語学習者の気持ちがわかる

日本人講師の良さは「これ英語で何ていう?」
ということを聞けることだ、と言われてますが。

それよりも、非ネイティブ講師は「生徒の気持ちがわかる」という
ことのほうが大きいと思ってます。

  • なぜつまづくのか
  • なぜ発音ができないのか。
  • なぜ理解できないのか
  • どうやって対処したら
良いか
  • どうやって説明したら
わかりやすいか

というようなことを
考えてくれる非ネイティブ講師は多い。

落ち込んだ時に講師自身の苦労話を聞くだけでも救われることも・・・!

ネイティブは、自分自身の言葉(英語)を「勉強」したことが無いので、よほど勉強したことが無いと理論もわからないし、精神的なことになるともっとお手上げです。

 

話すの速すぎて聞き役になるリスク

ネイティブ講師は基本的に話すのが速く
、英語の文化として

  • 沈黙に耐えられない
  • 相手の話にかぶせる
  • 結論から知りたい

というのも相まって、フリートークのレッスン
だと、生徒が「聞き役」になりがち。

特に「コミュニケーション
苦手」とか「英語を話し慣れていない人」は
完全に飲まれてしまいます。

「いや、ネイティブ英語の速さに慣れて
おくべきなのでは」とか
「ネイティブとも会話できるようになるように
今は耐えてがんばろう」的な反論もあるかもしれません。

しかしネイティブ英語の速さを聞き取れるように
なるのは、自主トレーニングでやるべきです。

1時間やそこらの英会話レッスンで聞き取れる
ようにはならないし、「会話」レッスンなのに
目的間違ってるし、効率悪すぎるしお金が
無駄です。

じゃあ、聞き取れるようになるには何をしたら良いか?ということを書いている記事です。

英語が聞き取れないのは間違った勉強をしているから!リスニングの正しい勉強法英語を聞き取れない・・・初心者、中級者、上級者それぞれにレベルは違うものの、「聞き取れない問題」はいつまでもついて回りますね・・・間違った勉強法をやっていると、いつまでも聞き取れるようになりません。この記事では、レベルを問わず、英語が聞きとれるようになるトレーニング法を書いていますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。...

圧倒されづらい

あまり大きな声ではいえないけど、特に白人のネイティブだと、人種の違いで圧倒されることも・・・

やっぱり、日本人はつい100年前まで鎖国だった影響からなのか?どうしても白人の青い目だったり背が高かったり押し出しが強い人には、タジタジとしてしまう傾向にあります。

上の章にも通じますが、圧倒されて「聞き役」になるリスクが高まります

特に慣れないうちは、アジア系の講師をやはりお勧めしたいです。

実は私が経営していた学校の英会話クラスでも、色々な人種の講師を雇ったのですが、

アジア系、特に韓国系や中国系の講師は、かなりの人気がありました。

みなさん、最初は「え・・・」とちょっと戸惑うのですが、実際に教えてもらうと、話しやすい!!ということで人気でした。

文化背景も似ていますし、話が通じやすいところも人気の理由だったようです。

まとめ

最初にも書いたのですが、私自身が「ネイティブじゃなくても良い」って思えたことから会話力がグーンと伸びた実感があるので、ぜひお勧めしたいです。

なんというか・・・白人のネイティブ講師と対峙していると「あなたの言葉を私が変なふうにしゃべっちゃってごめんなさい」「間違ってるよね?間違ってるよね?」

みたいな卑屈な気持ちになります。大げさにいうと・・・

でも、非ネイティブ講師だと、「人の言葉を借りている感」がなくなり、「人類みんなの英語だよね!」って思える。

これがすごく大きいと思います。

私はネイティブ講師そのものを否定するわけではなく、日本の英会話業界はどうしてもネイティブ礼賛になってしまうので、「思考停止にならないで、しっかり選んで!」と言いたいのです。

非ネイティブ講師や日本人講師のメリットやネイティブ講師のデメリットを知り、しっかりと考えて比較検討してから、誰に習うかを決めてほしいです。

特に、初心者~初中級者の人ですね。

中上級者になって、自分の意見をはっきり
言えるようになってきたらそこでやっと、
ネイティブ講師の良さが引き出せるはず!

どうしてもネイティブに習いたい人は、まずはそこをゴールにしても良いかもしれませんね。

 

ABOUT ME
Kumiko
カナダで語学学校を10年経営し、IELTS対策をはじめ、TOEIC、英文法、ビジネス英語、翻訳、通訳、英会話などさまざまなコースで指導してきました。現在はその経験を活かし、オンラインで英語独学法を発信。
7日間無料メール講座

「独学でIELTSの目標スコアを取る方法」では、IELTSを「独学で」勉強して結果を出す方法を具体的に解説しております。

独学のスタートにぜひどうぞ!

無料購読