IELTSスピーキング(Speaking)

enunciation(エナンシエーション)の大事さ!

IELTS(アイエルツ)のスピーキングには、
発音がクリアでわかりやすいこと
という採点基準が含まれています。

「発音」というと、pronunciation(プロナンシエーション) と考え、すごく狭い意味でとらえてしまう人も多いようです。
あなたは、何を発想しますか?

狭い意味でいえば、一つ一つの単語の音、つまりRやL、THの音などです。
しかし、一つ一つの音の発音のされ方というのは、イギリス式、アメリカ式、オーストラリア式、そしてカナダ式と色々違ってきます。IELTSはイギリスの試験ですが、アメリカ人がスピーキングで満点を取れないのでしょうか?そんなことはありませんね。
同じように、日本人は日本語のアクセントがあります。しかし、日本語のアクセントを持ったままでも満点を取ることは可能です。
keep_calm_and_focus_on_enunciation_mousepad-r86597620a1f3478b9c5c5302a3b63a12_x74vi_8byvr_324
試験で問題になってくるのは、enunciation(エナンシエーション)。つまり、聞く側から見て、「わかりやすさ」が基準になってきます。
このブログでも何度も言っていますが、「わかりやすさ」つまり、「通じるかどうか」というのはとても色々な要素から成り立っています。
・イントネーション
・強弱
・リンク
といった発音の授業でやるようなことも含まれますが、
・言葉の選び方
・自然な英語の並び
・「こう言ったら普通こう返ってくる」というような文化・慣習上の考え方・前提
というような、広い意味のことも含まれます。

果ては、
・声が小さすぎる!
・はっきり口を開けていない!
ということまで、「わかりやすさ」の阻害をしているんですよ。
(この二つに関しては、日本語を話すときでもよく聞き返されるという人が多いようです)

IELTSに関するほかのブログ(人気ブログランキング)


ABOUT ME
中林 くみこ
中林 くみこ
カナダで語学学校を10年経営し、1,000人以上の日本人にIELTS指導してきました。
現在は通信講座でIELTSの講師をしています。愛のあるスパルタ講師です!
わたしがマンツーマンで教える通信講座はこちら↓

DEVELOPのIELTS通信講座