録音してみる

IELTS(アイエルツ)のスピーキング対策として有効なのが、自分の声を録音してみる、ということです。

レッスンでも取り入れていますが、録音、と聞いてアレルギー反応が出る人もいます。絶対にやめてくださいー!といわれることもあります。

確かに自分の声を聞くのは本当に嫌なものです。

でも、何度かやっていると慣れてきますし(私も、動画での講義を始めたころは、本当に発狂しそう(笑)でしたが、慣れてきました)、そこから得られるものは「恥ずかしさ」を差し引いてもお釣りが来ちゃいます。コレ本当。

recording-prison-phone-calls

自分の声を聞くときのチェック項目としては、

・論理が破綻していないか(スコア5~6を目指している方はこれが一番大事といってもいいでしょう)

・文法で目立った間違いはないか(いつもこの間違いをしている、というのがあればひとつひとつ克服)

・いつも同じ言い回しではないか(これについてはまた書きます)

・発音で改善できることはないか(7~8を目指す方)

・もっと違った単語を使えないか(7~8を目指す方)

といったものがあります。

カナダで語学学校を7年経営してきました。IELTSの講師をしていますが、スパルタとして知られています(笑)宿題てんこもりに出します。IELTSで合格スコアが取れる方法を書いていますので、シェアしてくださるとうれしいです!