英語学習法

英語が通じない!という悩みが劇的に解決する、簡単な発音のコツ5つ

今日の記事は「ネイティブみたいな発音を見に付けたい!」という願望に応えるものではなく、その前段階のお話です。

ただ、ネイティブみたいな発音になる前に、絶対に身に付けておきたいことでもあるので、発音を向上させたい人はぜひお読みください。

英語を勉強して、外国人を相手に英語で話すようになると、誰もがぶち当たる壁である「通じない!!」

そんな時、みんな、「自分の発音が悪いから」って思いますが、そうではないことが多いんですよ。

今日から実践できる、とても簡単なコツを5つ紹介します。

 

声の大きさを倍にする(最重要!)

日本人って、世界的にみて、実はすごく声が小さいんです

日本語はあまり口を開けなくても通じる言葉
ということがあるし、礼儀を重んじるので
、日本で生まれ育ったら、自然と声は小さい。

自分で「大きな声だな」と思っていても、世界的に見ると普通。

対して、英語圏では、しっかりと
「意見を伝えたい」という思いが強い文化
なためか、平均してみんな、すごく声が大きいんです。

だから、日本人の普通の声量で話すと、思わず「え?」ってなってしまう。

当の日本人はあまり知らない事実ですが、日本に来た外国人は、とても静かなので驚くという。

「自分が声が小さい」ということに気づいて
ないので、聞き返されたら自動的に
「発音が悪い」と思ってしまう人が多いけど声が小さいだけなんですよ、本当に。

今すぐ自分の声を、倍の声量にするだけで
めちゃくちゃ通じるようになるので、お試しください。

イントネーションを正しくする

イントネーションというのは、上がり下がり
のことです。

日本語にはこれが
めちゃくちゃ少なく、日本語と同じように
英語を話すと、全体的に棒読みのような
印象を与えて、すごく聞き取りづらい。

英語は音楽のメロディのように上がり下がりが
ある言葉なんです。

単語1つ1つにもあるし、文章単位でもあります。

例えば”elevator”(エレベーター)という単語を
言うのに、LやVの発音が完ぺきでも、日本語の
ようにフラットに言ったら通じません。

レべーター↓というように言うと、たとえカタカナ英語でも、かなり通じやすいです。

エレベーターの通じる発音はこれ(音声もあるので確認してみてね)→https://en.hatsuon.info/word/elevator

強弱を大げさにつける

強弱というのはその名のとおり、強く発する
箇所と、弱く発する箇所です。

単純に
「声の大小」という問題です。

英語は「強調する」ところを間違えると
通じません。

英語の文章って色んな要素で
成り立っていて、冠詞(aとかthe)、前置詞
(onなど)、be動詞(isなど)などは
あまり重要ではないので、強調しません。

また
特に自分の言いたいことだけを大げさなくらい
強く言うと確実に通じます。

コーヒー店などで
注文するとき、「Can I have a latte?」(ラテください)
と言って、「必ず聞き返されちゃうんです・・・」とお悩みの人が多いのですが、

「Can I have a latte?」
と言うと一発で通じるので、ぜひ試してみてほしいです。

インプット増やす

「このシチュエーションでは普通こう言う」

という言い回しって、少しくらい発音が間違って
いても、聞く側の想像力が働くので、
通じる確率が高くなりますよね。

「こんにちは」などの挨拶が良い例ですね。

私の以前の生徒さんで、こんなことがありました。

ネイティブと話していて、「次の旅行の目的地はいくつか候補があって・・・」
と言いたかった生徒さん。

「候補」というのが思いつかなくて、辞書で調べたらcandidateという言葉が出てきました。

でも、普通こういう文脈で
candidateという言葉は使わないので、
どれだけ発音が良くても通じないのです

案の定、相手は「はぁ?」と聞き返していたので、生徒さんは「私の発音が悪いのね・・・」となっていました。

でも、違うんです。

状況に合わない言葉をいきなり使われると、聞き取れないんです。

日本語があまり話せない外国人や、小さい子どもなどを思い浮かべていただくとわかりやすいと思いますが・・・。

これの解決法はインプットを増やして、文脈
に応じた自然な言い回しを蓄積すること!

いつも私が言う「英語の悩みの9割はインプット不足」というやつです。

まさか発音の問題も、インプットで解決できるとは・・・!

って感じですよね。

インプットというのは、多読・多聴ですね。

こちらの記事もご参照ください。

英語力を爆速で伸ばす「多読」のやり方「英語力を上げるには、読むことが大事ですよ」ってことは、誰もが一度は聞いたことがあるでしょう。実は多読は「一番近道で、しかも確実な、誰にでもできる」英語学習法なのです。この記事では、「なぜ多読が英語に効果があるのか?」「どうやったら一番効果があるのか?」ということについて、書いていきますね。...
英語が聞き取れないのは間違った勉強をしているから!リスニングの正しい勉強法英語を聞き取れない・・・初心者、中級者、上級者それぞれにレベルは違うものの、「聞き取れない問題」はいつまでもついて回りますね・・・間違った勉強法をやっていると、いつまでも聞き取れるようになりません。この記事では、レベルを問わず、英語が聞きとれるようになるトレーニング法を書いていますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。...

 

個別の発音を意識しすぎない

個別の発音というのは「V」とか「L」とか
「R」とか、音の1つひとつの発音という意味。

発音というと、こういった1つの音をできるようになるトレーニングだと思っている人が多いけど、
これを意識すればするほど通じなくなるんですよ、実は。

私の夫が「Thursday」と伝えたくて「th」の
発音を意識してがんばっていたのですが、「Saturday?」
「Tuesday?」と聞き返され、通じませんでした。

そこで大声で「サースデイ!」と言ったら、通じた。(最初の章の「声の大きさを倍にする」の実践ですね)

いくらthの発音が完ぺきでも声が小さかったり
イントネーションが間違ってたり、強弱が
間違ってると、通じないという例ですね。

それどころか、thなどの音を意識するあまりに、声量やイントネーションを忘れがちになるので、かえって害になるという・・・

 

英語の発音対策は2段階で!

あなたがもし「ネイティブみたいな発音を
身に付けたい」と思っていたとしても、
まずはここに書いた5つをマスターすることが
一番の優先事項

そこから第2段階目として、個別の発音対策に移っていきましょう。

個別の発音を意識するのは、通じないという
「害」になる恐れがあるので、しっかりと
通じるようになってから練習を開始すると
スムーズに発音対策が進みます。

大きい外堀を埋めてから、細かい箇所に
こだわっていくというイメージ。

英語に限らず、何でもそうですよね!

そして、個別の発音を練習していく段階では、練習の時は
意識しても、実践の時(話す時)は、意識せずに、忘れるのがコツですよ。

 

ABOUT ME
Kumiko
Kumiko
カナダで語学学校を10年経営し、IELTS対策をはじめ、TOEIC、英文法、ビジネス英語、翻訳、通訳、英会話などさまざまなコースで指導してきました。現在はその経験を活かし、オンラインで英語独学法を発信。
7日間無料メール講座

「独学でIELTSの目標スコアを取る方法」では、IELTSを「独学で」勉強して結果を出す方法を具体的に解説しております。

独学のスタートにぜひどうぞ!

無料購読