英文法

意外と使えない「less」や「much」を使って表現を増やそう【比較級の解説】

ライティングやスピーキングの添削などをしていると、みなさん意外に正しく使えないのが「比較級」です。

「普通の比較級」つまり「AはBより○○だ」という表現については、できたとしても、muchやlessといったイレギュラーな語を使った表現が苦手な中級者も多いです!

この記事では比較級の基礎からちょっと応用編まで、解説していきますね。

 

比較級とは何?

まず、基礎の話ですが、比較級とは何でしょう?というお話です。

「AはBより○○だ」

と、

  • AとBを比較する
  • AとBを比べて○○だ

と、2者のものを比べて○○だ、と表現したいときに使う表現です。

○○には、形容詞もしくは副詞が入ります。

 

比較級の基本の使い方

形容詞の場合

【公式】

主語+be動詞+形容詞の比較形+than+比較の対象

【例】

He is taller than her.

彼は彼女より背が高い。

【解説】

He(主語)

is(be動詞)

taller(tallという形容詞にerが付いて比較形)

than

her(比較の対象)

もともとの形容詞はtall(背が高い)であり、

「彼は背が高い」はHe is tallと言いますよね。

「彼女よりも」と言いたいときは、このように、形容詞の後ろに-erを付けて、その後に「than」という語をつけて比較の対象(この場合はher)を持ってきます。

副詞の場合

【公式】

主語+動詞+副詞の比較形+than+比較の対象

【例】

She runs faster than me.

彼女は私よりも速く走る。

【解説】

She(主語)

runs(動詞)

faster(fastという副詞にerが付いて比較形)

than

me(比較の対象)

もともとの副詞はfastであり、

「彼女は速く走る」はShe runs fast.と言いますよね。

「私よりも」と言いたいときは、このように、副詞の後ろに-erを付けて、その後に「than」という語をつけて比較の対象(この場合はme)を持ってきます。

形容詞と副詞の違いをしっかり付けておこう

形容詞は、「名詞を修飾する語」

副詞は、「動詞を修飾する語」

という違いがあります。

「修飾する」というのは「説明する」という意味です。

He is tall.

の場合、He(彼)がどういう人か→背が高い人だ、と説明をしており

She runs fast.

の場合、run(走る)のはどういう風に走るのか→速く走る、という説明をしていることになります。

この、形容詞と副詞があいまいなまま比較級を使っている人が多いですが、ここをしっかり把握しておかないと後から大変になってくるので注意!

 

比較級の応用

上に書いた、基礎編は大丈夫ですか?

ここから、意外とみなさんが使えていない、応用の表現にいきたいと思います。

ここに書いている表現ができるだけでも、大きく幅が増えますよ

難しくないのでぜひ挑戦してみてください。

強調したい

He is much taller than her.

彼は彼女よりもずっと背が高い。

She runs much faster than me.

彼女は私よりもずっと速く走る。

このように「much」という語を比較形の前に付けて、「ずっと」と、差が大きいことを強調した表現ができます。

具体的にどれくらい差があるのか表す

He is 10cm taller than her.

彼は彼女よりも10㎝、背が高い。

このように、単位を含む数字を比較形の前に付けて具体的にどれくらいの差があるか、ということを表すことができます。

逆にする

She is less tall than him.

彼女は彼よりも背が高くない。

=He is taller than her.

I run less fast than her.

私は彼女より速く走らない。

=She runs faster than me.

このように、比較級の否定を表すlessという語を形容詞か副詞の前に付けて、「~より・・・ではない」という表現ができます。

この時には形容詞や副詞はそのまま使い、比較形にはしないので注意。

ひとつ語が多くなり、否定の意味になるので、普通の比較級のほうが楽ではあります。

ただ、ぼかしたいときに便利です。

This car is less expensive than that one.

この車はあの車ほど高くない。

=That car is cheaper than this car.

ってことなのですが、”cheap”=安い ってかなり直接的な言葉なので、less expensiveとすることで、ぼかすことができます。

 

比較級を使うときの注意

添削をしたりするときによく見る、やりがちな間違いについて書きます。

長い言葉はmoreを付ける

expensive, beautifulというように長い語には-erではなくmoreを付けて表現します。

She is more beautiful than that girl.

彼女はあの女の子より綺麗だ。

×beautifulier とは言わないのです。

moreを付ける、付けないの基準はいちおう「3音節以上の語はmoreをつける」となっていますが、例外がありすぎるので、とりあえず「長い、短い」で理解し、主なものは丸暗記しましょう。

また、不規則に変化するパターンもあります。

例えば、good(良い)の比較形はbetterになる、など。

こちらは数が少ないので、出てくるたびに覚えていくと、それほど苦労しないかと思います。

thanだけでは比較を表せない

thanは比較を表す時に登場してくる語なのですが、これだけで比較を表すことはできません。

He is tall than her.

She is beautiful than that girl.

というように、形容詞と副詞を比較形にせずに、thanだけ使うことはできません。

文章が長くなってくると間違う方が多いので注意!

He is taller than her.

She is more beautiful than that girl.

このように、赤字で示した部分が必ずセットで必要になりますので、気を付けてくださいね!

比較級のその他の記事

「比較」系には、その他、最上級(一番○○だ)と原級(AとBが同じくらい○○だ)があります。

最上級に関する記事はこちら。

最上級の基礎から応用までシンプルに解説・very best とは?!最上級はなかなか混乱を招きがちな文法です。実は基本的なルールを理解していない人も多い。この機会にしっかりと見直しましょう!...

 

間違いがかなり多い、原級については、こちらの記事をどうぞ!

比較級の「原級(as-as)」とは?正しい使い方を伝授比較級のうちの、「原級」とは、「AとBが同じくらいだ」ということを表すことができる表現です。 "as"という言葉を二つ使って表現し...

 

この機会にしっかり文法をやり直したいあなたに贈る、文法講座です。

ご自宅でマイペースで進められます♪

 

ABOUT ME
Kumiko
カナダで語学学校を10年経営し、IELTS対策をはじめ、TOEIC、英文法、ビジネス英語、翻訳、通訳、英会話などさまざまなコースで指導してきました。現在はその経験を活かし、オンラインで英語独学法を発信。
7日間無料メール講座

「独学でIELTSの目標スコアを取る方法」では、IELTSを「独学で」勉強して結果を出す方法を具体的に解説しております。

独学のスタートにぜひどうぞ!

無料購読