英文法

asの4つの主な使い方。これさえおさえておけば大丈夫!

asってとてもよく使われる単語です。

でも、このasというのが曲者で、色々な意味があるんですよねー。

辞書を見ても、ずらーりと意味が並んでいます。

でも、私は経験上、下記の4つをメインとして覚えておけば良いといつも指導しています。

この4つは最低限、暗記してください!

①~だから

この使い方は、becauseの言い換えとして使われます。

becauseという語はあなたも知っているでしょう。

asの使い方の1つとして、becauseとまったく同じように、同じ意味で使うことができます。

意味

SV① because SV②で、

SV②だからSV①、という意味になります。

SVを知らない人のために解説↓

S=主語

V=動詞

で、SVというのは通常「節」としてみなされます。

節というのは、英語の文章を作る最小単位ですね。

わかりやすく言うと、英語の文章を作るには、どんなに短くても、絶対に主語と動詞が無ければいけない!ってことなんです。

使い方

asの後は、節(SV)が来ます。becauseと同じです。

なので、名詞だけとか、動名詞だけとか持ってくることはできません。

例文

As it was getting dark, we soon turned back. = Because it was getting dark, we soon turned back.
暗くなってきていたので、私たちはすぐに戻った。

becauseと入れ替えてもまったく同じ意味です。

この文章は二つの節で構成されていますが、二つの節の順番を入れ替えて、このようにもできます。

We soon turned back as it was getting dark. =We soon turned back because it was getting dark.

 

②~のように、~と同じくらい

意味

前置詞としてのlike(~のように)と同じように使えます。

使い方

主語+be動詞+形容詞+as+名詞の順で使います。

つまり、asの後には名詞(または動名詞)が来る、ということですね。

まずas+名詞を抜かした状態で考えてから、「~と同じくらい」というのを付け加えていきます。

例文を見てみましょう。

例文

I’m busy as a bee.
私はハチのように忙しい。

これは”I’m busy”(私は忙しい)に”as a bee”(ハチのように、ハチと同じくらい)が付け加わった形ですね。

ちなみに、これは英語圏でよく使われる言い回しです。

日本語では「ハチのように?」とピンとこないかもしれませんが、確かにハチって忙しそうに見えますよね。

(busyとbeeが同じ「b」の音なので、韻を踏む効果もあります)

この機会に、この例文まるごと覚えてしまってください。

③~しながら、~と同時に(同時進行)

意味

~しながら、~と同時に

接続詞のwhileの代わりとしてほぼ同じ意味、同じ使い方で使えます。

これはけっこうasの有名な使われ方かもしれません。

ただ使い方を間違っている人が多いのも特徴です。

使い方

asの後は、節(SV)が来ます。whileと同じです。

なので、名詞だけとか、動名詞だけとか持ってくることはできません。

①の使い方と同じなのですが、同時進行の意味合いなので、「進行形」と一緒に使われることが多い、というのが特徴です。

現在進行形とか、過去進行形ですね。

なので、as + S + be動詞 + V ing

の形になることが多い、ということです。

例文

He came up as I was speaking.=He came up while I was speaking.
私が話していると、彼がやってきた。

同時進行の意味合いなので、このようにwhileとも言い換えができます。

①と同じく、二つの節から成り立つ文章なので、順番の入れ替えもできますね。

As I was speaking, he came up. = While I was speaking, he came up.

④~として

これは他の単語では言い換えはできない、asならではの使い方です。

意味

「~として」という意味。品詞は、前置詞に分類されます。

使い方

前置詞なので、asの後には名詞(または動名詞)がきます。

人でも、モノでもOKです。

例文

It can be used as a knife.
それは、ナイフとして使える。

He deserves to be treated as a gentleman.
彼は紳士として扱われる権利がある。

 

まとめ

asはこの記事に書いた4つの意味・使い方だけおさえておけば色々対応できます。

①~だから(becauseの代わり)

②~のように、~と同じくらい(likeの代わり)

③~しながら、~と同時に(whileの代わり)

④~として

③はちょっと高度ですが、①、②、④はすぐに使えるようになると思います。

①と③のasの後にはSV(節)、②と④の後には名詞または動名詞が来る、と覚えていると、リーディングなどの時にも、「形」からどんな意味かということも推測できますね。

ちなみに、asは二つセットで使用して「AはBと同じくらい○○だ」という使い方があります。これは比較級の中の「原級」と呼ばれる使い方です。

これもぜひ覚えておきましょう。下の記事に詳しく書きました。

比較級の「原級(as-as)」とは?正しい使い方を伝授比較級のうちの、「原級」とは、「AとBが同じくらいだ」ということを表すことができる表現です。 "as"という言葉を二つ使って表現し...
ABOUT ME
Kumiko
Kumiko
カナダで語学学校を10年経営し、IELTS対策をはじめ、TOEIC、英文法、ビジネス英語、翻訳、通訳、英会話などさまざまなコースで指導してきました。現在はその経験を活かし、オンラインで英語独学法を発信。
7日間無料メール講座

「独学でIELTSの目標スコアを取る方法」では、IELTSを「独学で」勉強して結果を出す方法を具体的に解説しております。

独学のスタートにぜひどうぞ!

無料購読