IELTSリスニングで合格スコアを取るための症状別・勉強法7つ

IELTSのリスニングでスコアを取れない原因は、本当に様々です。一概に「英語耳が無いんだ」「イギリス英語のせいだ」と言うことはできません。

  1. ボキャブラリー(語彙・単語力)が足りない
  2. 構文・文法力が足りない
  3. 速読のテクニックを知らない(英文の処理が遅い)
  4. 英語耳を持っていない(英語の音に慣れていない)
  5. IELTSの試験形式に慣れていない
  6. 背景知識が足りない、英語圏の文化に慣れていない
  7. 集中力がない

この7つの原因が考えられます。

まずは、IELTSの公式問題集(最新は12)を使い、リスニングを1セット解き、答え合わせをしてスクリプトを参照に、間違った問題を「なぜ間違ったのか?」という視点で振り返ってみてください。音声がついているものとついていないものがあるのでご注意!下記のリンクからたどると確実です。

IELTSの公式問題集 最新の12はこちら↓ こちらはAcademicです。

こちらはGeneralです。

AcademicもGeneralも、リスニングとスピーキングは同じ内容です。

では、それぞれの症状の特徴と対処方法を見ていきましょう。

ボキャブラリー(語彙・単語力)が足りない

症状

  • 質問文(音声本文ではなく)1つにつき絶対に1つ以上わからない単語がある。
  • 答え合わせをしてみたら、答えになっている単語そのものが「知らない単語」であることが多い

対処法

こちらのページ↓

IELTSに効く単語力を伸ばす、7ステップ勉強法

を参考に、まず単語力を伸ばすこと。単語力は絶対に必要です!!!

※でも、何でもかんでも、「単語を知らないせいだ」と思うのは危険です。リーディング・リスニングは単語以外のことが原因となっていることもとっても多いんです。他の原因についても読んでみて、しっかり分析をしてくださいね。

構文・文法力が足りない

症状

  • IELTSの質問文(本文ではありません)を見たとき、単語はわかるけど、全体の文章になると、混乱してしまう。または、質問文の意味をとるのにすごく時間がかかってしまう。
  • Section 1だけでなく全体で、空欄穴埋め形式の問題で、とんちんかんな単語を入れることが多い(たとえば、人の名前が正解なのに数字を入れたり)

対処法

これには、

  • 品詞(名詞、形容詞、動詞)
  • 文型(SVOなど)
  • 関係代名詞
  • 分詞
  • 受動態

に関する知識が必須です。

これが無いと、いつまでも「なんとなく」で終わってしまい、IELTSで、なぜかいつもリスニングだけがスコアが落ち込む、ということになってしまいます。

少し複雑な文章になると、分詞の知識が重要になってきます。
分詞とは、動詞が形容詞の働きをして名詞を修飾するというものです。
ただ、一見、動詞のように見えてしまうので、分詞を動詞を勘違いしてしまう人が多いのですが、勘違いしてしまうと文章の意味がまったくつながりません。

There is a table made by my father.

という文章があったとすると、この文章の中のmade は分詞であり、a table を修飾している形容詞です。
この文章の主語はthere , 動詞はis という解釈をしなければいけません。
この場合のmade は過去形ではなく、過去分詞形なのです!

また、空欄穴埋め形式の問題については、文法形式だけで、入る単語を何となく予想できなければいけません。例えば、IELTS 10の問題集のTest 1 Section 4の35番で、a small number of ______. という空欄に数字を入れてしまった方がいましたが、ofの後は名詞もしくは形容詞+名詞しか来ない、ということを知っていれば、そういう間違いはないはずです。(数字は形容詞なので) まぁ、a small number of は「少ない~」という意味なので、意味的にもおかしいのですが。

IELTSに出てくる文法だけを狙いうちで勉強してください。特に、

  • 品詞(名詞、形容詞、動詞)
  • 文型(SVOなど)
  • 関係代名詞
  • 分詞
  • 受動態

です。

下のページも参考にしてください。

文法の勉強方法

決して、文法書を端から端までやろうとしないこと。本屋さんで、薄い文法の練習本(説明だけではなく、練習問題が豊富にあるもの)を選んで、上記↑の文法項目だけやってください。

時間を節約したい場合は、助けを借りるのも手です。

こちらの文法通信講座では、IELTSに必要な文法のみ厳選して12回で完結します。わからないところはスカイプ(インターネット電話)で直接聞くことができます。

英文法通信講座 SKYPE解説つき

速読のテクニックを知らない(英文の処理が遅い)

症状

  • 上に書いてあるような文法・構文は知っているし、スクリプトを見ながら時間をかければ訳を正確に取ることができる。でも音声を聞いて選ぶのはできず、いつのまにか音声が過ぎていってしまう。
  • 音声が流れる前の準備時間(20~30秒)ではとてもじゃないけど半分も読めない。

対処法

なぜリスニングなのに速読のテクニック?と思われるかもしれませんが、IELTSのリスニングは、リーディングの試験です。その第一の理由は、音声が流れる前に勝負がついてしまうからです。音声は一度しか流れないし、音声が流れた後には考える時間は与えられません。つまり、音声を聞きながら答えを書いていくんですが、音声を聞きながら長い文章を読むのはほぼ不可能。

そう、音声が流れる前の準備時間(20~30秒)でどれだけ読むことができるかがリスニング攻略のカギを握るわけです。※音声が流れる前の準備時間とは、「You have some time to look at questions 1-6.」みたいな感じでアナウンスが流れた直後の空白時間のことです。

そして、リスニングは時間が勝負なので、読まないでいいところは、
少しでも読まない努力
をしなくてはいけません。

その意味では、「読む」と考えるのではなく、「情報を取る」と考えてください。アナウンスでも、read
ではなく、look at  と言っていますからね!

音声が流れる前の準備時間(20~30秒)でやること6つ

  1. タイトル、サブタイトルから情報を取る
  2. 箇条書きになっていたら、箇条書きのタイトルから情報を取る
  3. 1,2から、全体の流れ(ストーリー)をなんとなくでもいいから把握する
  4. 【質問&選択肢問題の場合】質問文だけでもしっかり読む。理想は選択肢も読む
  5. 【空欄穴埋め問題の場合】空欄の前後をしっかり読む。空欄にどのような単語(品詞、人物なのかモノなのか)がくるのかを予測
  6. さらに理想はその後、「言い換え表現」について考えておくこと。例えば、「employ」という言葉があったら、音声ではemployではなくhireと言われるかもしれない。と身構えておくことです。

理想は1~6まですべてできれば完璧!音声が流れる前に、勝ったも同然です。全部は無理でも、理想に近づけるよう、1~6の順番で出来る限りの準備ができるようトレーニングしてください。

コツは、「頭の中で声に出して読まない」こと。

IELTSのリスニング=リーディングなので、リーディングについて書いた記事もしっかり読んでおいてください。

IELTSリーディングで合格スコアを取るための症状別・勉強法7つ

英語耳を持っていない(英語の音に慣れていない)

症状

  • スクリプトを見れば「ああ、こう言っていたのか」とわかるが、IELTSリスニングの音声では聞き取れない。
  • 知っているはずの単語でも音声だけで言われると聞き取れない。

対処法

ひたすら英語の音に慣れる必要がありますが、ふつうに英語を漫然と聞くだけだと、時間がかかってしまいます。そこで時間を早回しする方法があります。

それはディクテーションとシャドーイング(音読)です。

ディクテーションは、日本語でいうと「書き取り」です。
CDなどの音声を聞いて、聞こえてきたものを一言一句書き取っていくわけです。ど根性!体育会系!の世界です。ディクテーションの効果については下のページも参考にしてみてください。

ディクテーションの効果

シャドーイングとは、その言葉のとおり、お手本の英語をまるで影のように追いかけるスピーキング練習法です。つまり、聞いた英語をそのまま聞こえたとおりに口に出して真似するのです!
(気持ちとしては0.5秒遅れでついていく感じ)
もちろん、リズムやイントネーションもできるだけ合わせます。

慣れてないうちはスピードについていくのも難しいかもしれませんが、大切なのは毎日こつこつ続けること。続けていくうちに発音もネイティブのものに近づいていくという嬉しい副効果もあります。

シャドーイングの教材は、自分で音声を聞いたときに、少し易しいなと感じるくらいのものを選んでください。わたしは下の記事でおすすめしている森沢さんの音読パッケージシリーズがやはりおすすめです。ネットでも教材は得られるのですが、やはりこのパッケージはクオリティが高いです。それほど高いテキストでもないので、投資してみてはいかがでしょうか。下の記事では、シャドーイングのやり方についても説明しています。

IELTSおすすめ教材9冊の特徴と効果的な使い方

こちらの記事も参考にしてみてください。

英語環境=スコアが伸びる?!

IELTSの試験形式に慣れていない

症状

  • 最初の準備時間に、どこを読めば良いかわからずボーっとしてしまう
  • 答え合わせしたら、空欄にとんちんかんな言葉を入れてしまっていることがよくあるが、音声が何を言っているかはだいたい把握できていた(この場合は、「速読テクニック」「構文・文法力」の章もご参照ください)
  • ネイティブとの会話やドラマ・映画などの聞き取りには自信があるのに、IELTSは正答数が低い(この場合は他の理由も疑ってみること)

対処法

上にも出てきた、IELTSの公式問題集の最新版(IELTS11)にはテストが4セット入っています(リスニングに関しては、AcademicとGeneralはまったく同じですので注意)。
これはAcademicです。

こちらはGeneralです。

これを必ず試験までにやってください。解いて終わりにせず、必ず見直して、「どうして間違ったのか?」「2回目に間違わないようにするにはどうすればいいか?」を考えてください。

(よくある間違い勉強法)2回、3回と繰り返し聞いて、答えられたらOK!として見直さない

上のようなことをやらず、必ず分析をやってください。試験の形式については、下の記事も参考にしてみてください。

背景知識が足りない、英語圏の文化に慣れていない

症状

  • flat, lift, poundなどのイギリス特有の言い回しがわからない。
  • お金や面積、サイズの単位など(square feet, pound, acreなど)がわからない。
  • どうしてそういう話の展開になるのか、時間をかけて考えてもわからない。

対処法

ちょっと対処に時間がかかってしまうと思いますが、海外ドラマや映画、本などをとにかくたくさん観たり読んだりすること。海外に住むのもアリですが、現実的じゃない人も多いと思うので。

ここでのコツは、焦らないこと。結果をすぐに求めないでください。1ヶ月~3ヵ月くらいのスパンで考えましょう。IELTSのほかの勉強に疲れたら海外ドラマ観ようかな・・・くらいの軽い気持ちでやってください。好きなものを選ぶのが大事です!

IELTSでスコアを取ったら、海外に留学する人も多いはず。英語圏の文化を知っておくことは、IELTSだけじゃなく将来的にも絶対に役立ちます!

集中力がない

症状

リスニングの音声を聞いていると、途中から他のことを考えている。気づいたら音声が先のほうまで行ってしまっている。わからないなーと感じた瞬間からストーリーの流れを失ってしまう。

対処法

集中力を持続する方法、色々とあるようです。

    • 1つのことをやる(シングルタスク)をまずは5分続けてみる→10分→15分と長くしていく。
    • 休憩時間をしっかり分けて取る(たとえば、食べながら、飲みながら勉強をしない)
    • ごほうび(これが終わったらあれを食べよう、など)
    • 難しいことと簡単なことを交互にする(リーディングをやった後はリスニングなど、自分の得意なものと苦手なものの組み合わせ)
    • 自分のサイクルを把握し、それに応じて計画をたてる(例えば朝型の人は朝にいちばん大変なことをやる、など)

試験本番では3時間ほど集中力を持続させないといけないので、勉強しているときから少しずつ集中力も意識して鍛えていきたいですね!

まとめ

リスニングの対処法はいろいろ。「イギリス英語がだめ!」「スピードが速いから」というのはちょっと違うかもしれません。自分の原因を見極めて、しっかり対処していきましょう。IELTSのリスニングは、努力が報われる試験です!

  1. ボキャブラリー(語彙・単語力)が足りない
  2. 構文・文法力が足りない
  3. 速読のテクニックを知らない(英文の処理が遅い)
  4. 英語耳を持っていない(英語の音に慣れていない)
  5. IELTSの試験形式に慣れていない
  6. 背景知識が足りない、英語圏の文化に慣れていない
  7. 集中力がない

あなたのリスニングが伸びない原因は何でしょうか?もちろん、2つ以上の原因が合わさっていることもあります。じっくり見極めて、見当違いの勉強をしないように気をつけてくださいね。

時間の節約をしたい場合は、プロの助けを借りるのも手です。スカイプ(無料のインターネット電話)を通じた週2回のレッスンで効率よく伸ばしていくことができます。このまま今の勉強法を続けていいのか、迷いが生じている方はまずはカウンセリングをいたします。

IELTSのSKYPEレッスン

※アイキャッチ画像 @acfrank – stock.adobe.com

カナダで語学学校を7年経営してきました。IELTSの講師をしていますが、スパルタとして知られています(笑)宿題てんこもりに出します。IELTSで合格スコアが取れる方法を書いていますので、シェアしてくださるとうれしいです!